アニソン歌手の需要

アニソングランプリが開始された年である07年4月スタートアニメの主題歌を見てみるとおよそ88曲のうち、アニソン歌手(もしくはアニソンを主に歌う歌手)による楽曲が26曲。出演声優・もしくは歌手活動を行う声優による楽曲は7曲だったのに対し、今年4月スタートのアニメ主題歌は、(現時点において)およそ90曲のうちアニソン歌手による楽曲は15曲。一方、声優による楽曲は45曲。その比率は大幅に逆転しており、なおかつアニソン歌手の枠は減少している。

実際にCDの売り上げを見ても、声優が歌うアニソンのほうが売れていることから、制作者側も「アイドル的な人気がある声優が主題歌を歌ったほうが、CDも売れる」という判断を下し、声優を主題歌歌手として多く起用しているということなのだろうか?

アニソンブームと言われて久しいが、どうやらアニソン歌手はその恩恵をあまり受けていないようである。

テュルクのルーツ

中国史料に狄あるいは翟と記される民族が「テュルク」に関する最古の記録であると考えられている。狄は周代に中国の北方(河北地方: 山西省、河北省)に割拠する、中原的都市文化を共有しない牧民を呼んだ呼称である。殷、周の時代に、多くが戦争によって中原から北方へと追われた。狄には北に位置する赤狄と南に位置する白狄が居たが、周が衰えると白狄は春秋時代の衛や鄭、晋といった国々に侵入して略奪を行った。中国諸国と同盟・離反を繰り返しながら存続し、戦国時代には、白狄が中原に中山国を建てている。中山国は紀元前296年に趙の攻撃によって滅亡するが、ある者は中国人と同化し、ある者は北狄、戎狄と総称される異民族として中国の周辺で遊牧を続けた。

後世になって北狄、戎狄の語は北方遊牧民族の代名詞となり、四夷の一つとして数えられる。

風間杜夫と麻雀

少し意外だが、風間杜夫は芸能界きっての雀士でり、麻雀番組『THEわれめDEポン』では6度の優勝経験(うち5回は5連覇)を誇っているそうだ。

彼は麻雀と不思議な縁があり、高校時代に親しくなった友達がフリー雀荘での強者で彼に影響されて覚えたり、全く麻雀を知らない母が突然雀荘を商売にしたりと、「何故かそばについてくる」ものであったと、近代麻雀誌上にて連載された漫画の自伝「麻雀行進曲」で様々なエピソードを語っている。

ただし、同作では大学受験勉強中も母の雀荘で麻雀をしている描写があるが、さすがにこれは、フィクションであり、実際は勉強に集中していたという。
同じく『われめDEポン』で6度の優勝経験をしている萩原聖人とは彼が10代の頃から約20年に渡って現在でも交流があり、映画、ドラマ、舞台、アニメの吹き替えなどで何度か共演している。互いに大の麻雀好きでライバルでもあり、『われめDEポン』の他に『モンド21麻雀BATTLE ROYAL2007』でも対戦している。

ジュヌヴィエーヴ・ビュジョルド

演劇学校を経て劇団に所属、フランスを巡業していた際、映画監督のアラン・レネに見出されて、1966年イヴ・モンタン主演の『戦争は終った』で映画デビュー。シュザンヌ・ビアンケッティ賞を受賞した。以後、カナダ・アメリカ・フランスで活躍している。『1000日のアン』ではアカデミー主演女優賞にノミネートされ、ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)を受賞。

1995年から7シーズンに渡って放映された『スタートレック:ヴォイジャー』において、U.S.S.ヴォイジャーの艦長キャスリン・ジェインウェイ(当時はニコール・ジェインウエイ)の役を掴んだ。しかし、撮影二日目にして、スタッフ・本人双方の見解により、突然降板。幻のシーンとなった。ちなみに、彼女が演じて撮影されたシーンは、『スタートレック:ヴォイジャー』DVD-BOXのVol.1に特典映像として収録されている。

タイガー魔法瓶

虎印(タイガー)の由来は、父が寅年生まれであったことと、創業当時壊れやすいと思われていた魔法瓶のイメージを払拭するために付けられたものである。関東大震災の際にも、問屋にあった幾つかの魔法瓶の中で虎印魔法瓶だけが1本も割れなかったとのことである。また、虎はアジアでは最強の動物であると言うことから、アジアをはじめとした世界展開においても、最強をめざすためである、とも言われている。

ちなみに、ライバルの象印マホービン(現在は東証2部上場)は、虎に対抗して、アジアでは最も神聖な動物であると言うことから、象の商標を用いた、と言われている。なおタイガー魔法瓶の表記は「タイガー」がカタカナ、「魔法瓶」が漢字であるのに対し、象印マホービンは、「象印」が漢字、「マホービン」がカタカナの表記になっている。

フットマン

男性の召使は女性の召使よりかなり高給であり、またフットマンを持つことはひとつの贅沢であったので、召使を雇う階級のステータスシンボルでもあった。フットマンの担う役割は、コックやメイドのようには(さらには執事ほどにも)不可欠なものでなく、最も大きなお屋敷にしかいなかった。フットマンは「使う」対象であるとともに「見せる」ための存在でもあり、背の高いフットマンは低い者より優遇され、外見の良さ、特に脚の形が良いことが重視された。それを強調するため、フットマンは膝丈の半ズボンにストッキングという伝統的な衣装を着用していた。

フットマンは未婚であることが求められたため比較的若年の場合が多かったが、他のポスト(執事など)に昇進する可能性もあった。19世紀のフットマンの一人で自らの日記を出版したウィリアム・テーラーは、当時実際には結婚していたものの、それを雇い主には秘密にしておき、休日にだけ家族を訪れていた。