コンドル

腐敗した動物の死骸を食べるコンドルはなぜ食中毒にならないのか、という動物界の長年の謎が解明されたようだ。その理由は特殊な消化器系にあるという。

コンドルは動物の死骸をついばみ、骨のみになるまで食べつくす。死骸の皮が硬くクチバシで穴をあけることが出来ない場合は躊躇なく肛門に口を突っ込み、はらわたをむさぼる。そのためコンドルは死肉をあさる際、炭疽菌やクロストリジウム菌などの病原菌や毒素に身をさらすことになる。他の動物がこれらにさらされれば病気になったり死に至ったりするが、コンドルはなぜ平気なのだろうか?その秘密は特異な消化器系にある。数百万年に及ぶ進化で磨き抜かれたコンドルの消化管は、飲み込んだ有害な細菌の大半を殺し、残った細菌と問題なく共存することができるという。また致死性最近の一部への耐性も同時に発達させたようだ。他の動物だと死に至らしめると思われる細菌が、コンドルの腸内では活発に活動しているという。生き残るための進化の末、頑強な消化器官が備わったというわけか。

人に仕事を頼むコツ

あなたはやらなくていい仕事まで自分でやっていたりしていませんか。人に頼まず、すべて自分でやってしまうと組織の利益にならないことがあります。それと人に仕事を頼むことができないと、自分の出世の障害になってしまうことがあります。ですので、人に仕事を頼むということは思っている以上にとても重要なことなのです。では、実際、相手にどのように仕事を任せればいいのでしょうか。まず、相手はどのくらいの力量を持っているのか見極めます。極端な話、新人社員に大きな仕事を任せることはとてもリスクがあることです。ですから、相手の力量を見極め、少し背伸びしたらできるくらいのレベルの仕事を任せることが好ましいと言えます。そうすることによって、任された責任感と嬉しさから、相手のモチベーションも上がります。自分ですべての仕事をこなそうとせず、任せることのできることはお任せして、仕事が円滑に進むようにしましょう。