火星表面に液体の水、NASAが裏付け

NASAは9月29日、火星に今も液体の水が存在していることを裏付ける観測結果を発表した。もしも本当に液体の水が火星に存在するとすれば、火星に生命が存在する可能性は著しく高まることになる。
これまでの観測から、山脈などの斜面に川のような模様があることはすでに発見されていた。この模様は季節によって消えたり現れたりを繰り返しており、水が流れた後ではないかという仮説はあったものの、それを裏付ける証拠はなかった。
しかし今回、火星軌道上から分光計を使ってこれを観測したところ、模様の部分から塩の結晶とみられる鉱物を計測。NASAはこの結果からこの模様が「塩水が流れていた跡」である可能性が高いと分析している。
液体の水は生命存在に不可欠な要素の一つであり、今回の発見は生命発見への第一歩とも言える。また、将来人間が火星を探査するうえでも水があることによる恩恵は大きく、今回の発見で火星探査がまた一歩近づいたと言えそうだ。
他にも火星にカニがいるなどいろいろな噂が飛び交っている。果たして地球外に生命体は本当に存在しているのだろうか…。