明日21日夜、いよいよ“オリオン座流星群”がピーク

秋の天体イベント「オリオン座流星群」が、いよいよ明日21日の夜にピークを迎えます。
ウェザーニューズでは、21日22時より、24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」にて、全国の7か所からの流星の同時中継を配信する予定です。
国立天文台によると、今年の流星群は10月21日夜から22日早朝が、観測に適した時間帯になるととこと。
特に月が沈む、21日24時頃から早朝にかけては、月明かりの影響もなく観測におすすめです。
西~東日本は 高気圧に覆われて各地で晴れ、観測に絶好の夜空となります。
今夜、秋の夜空を見上げてみてはいかがでしょうか?

火星表面に液体の水、NASAが裏付け

NASAは9月29日、火星に今も液体の水が存在していることを裏付ける観測結果を発表した。もしも本当に液体の水が火星に存在するとすれば、火星に生命が存在する可能性は著しく高まることになる。
これまでの観測から、山脈などの斜面に川のような模様があることはすでに発見されていた。この模様は季節によって消えたり現れたりを繰り返しており、水が流れた後ではないかという仮説はあったものの、それを裏付ける証拠はなかった。
しかし今回、火星軌道上から分光計を使ってこれを観測したところ、模様の部分から塩の結晶とみられる鉱物を計測。NASAはこの結果からこの模様が「塩水が流れていた跡」である可能性が高いと分析している。
液体の水は生命存在に不可欠な要素の一つであり、今回の発見は生命発見への第一歩とも言える。また、将来人間が火星を探査するうえでも水があることによる恩恵は大きく、今回の発見で火星探査がまた一歩近づいたと言えそうだ。
他にも火星にカニがいるなどいろいろな噂が飛び交っている。果たして地球外に生命体は本当に存在しているのだろうか…。

ベッキー妹、ダンス全米トップ10

タレントのベッキーの実の妹でダンサーのジェシカ・レイボーンが、世界中のダンサーが挑む、アメリカの最も有名なダンスオーディション番組でトップ10に残ったことを、ベッキーがツイッターで報告をした。
ベッキーは今月初めに、父母とともに渡米、ダンスオーディション番組「SO YOU THINK YOU CAN DANCE」の決勝に進出しているジェシカを励ましたとのこと。
そしてこの日、「信じられない!!ジェシカがTOP10入りました!信じられない!」と報告した。
ベッキーによると今週は4人が落とされるという回で、ジェシカはそのまさに「登竜門」を勝ち抜いた。
そして、ベッキーは「これで全米ツアー決定!みなさまありがとうございます!ほんとうにありがとうございます!感動です!」と何度も感謝の言葉をつづった。
ジェシカが挑戦しているのは、アメリカで一番有名なダンスオーディション番組の「SO YOU THINK-」で、FOXテレビで2005年から放送しているもの。
果たして、ジェシカは今後どうなるのか?日本からも注目が集まる。

炭化した古代の巻物の解読に成功

6世紀のものとされる炭化した羊皮紙の巻物に記された古代ヘブライ語の解読に、最先端技術を用いて成功したと、イスラエルと米国の国際研究チームが20日に発表した。
この巻物は、1970年に死海沿岸のエン・ゲディにある古代ユダヤ教会堂遺跡の灰の中で発見された。聖書写本群「死海文書」に次いで古い書物だが、これまで解読が不可能だった。
イスラエル考古学庁(IAA)のプニナ・ショル氏は「最先端技術によって約1500年前の巻物をバーチャル世界で文字通り広げることができた。聖書の一部だった」と記者団に語ったという。「死海文書以来、最も重要な聖書文書の発見」とのこと。
1970年の遺跡発掘チームの一員だった考古学者セフィ・ポラト氏は「発見直後にも解読を試みたが、うまくいかなかった」と明かした。当時の技術ではそこに何が隠されているかは分からなかったそうだ。
ショル氏によるとこの羊皮紙片には、旧約聖書のレビ記の冒頭8節が書かれていることが分かったという。レビ記には、いけにえの儀式に関する諸規則が記されている。
長年、詳細不明の「閉じられた書物」として保管されていた羊皮紙片は、イスラエルの分析機器メーカー、メルケル・テクノロジーズが昨年マイクロCTスキャン装置を提供したことで解読に至った。3次元スキャン結果を米ケンタッキー大学情報工学部に送り、同大が開発したデジタル画像化ソフトウェアで最初に得られた画像が先週IAAに届いたという。
完全だったときの巻物にはユダヤ教の聖典トーラーすべてが記載されていたとショル氏は見ており、2000年以上前に書かれた死海文書と10世紀のアレッポ写本との間にある重要な隙間を埋める発見だとしている。
ただ、ケンタッキー大のブレント・シールズ教授によれば、羊皮紙片からさらに情報を引き出せるかどうかはまだ不明だという。
最新の技術で、炭化して触ると粉々になってしまうような紙に書かれている文字を解読できるというのはすごい。今後、解読が進んで新たな発見があることを期待したい。

理系の常識「キムワイプ」とは?

「理系で知らない人はいない」と言われている商品「キムワイプ」。メガネ拭きから卓球用具、はたまた料理まで色々な使い方が報告されている。一体どんな商品なのだろうか?
日本製紙クレシアによると、キムワイプは「産業用ワイパー」という商品だそうだ。ワイプとは拭き取るためのものという意味で、分かりやすく言えば「業務用の拭き取り紙」ということだ。
もともとはアメリカのキンバリー・クラーク社が第二次世界大戦中に光学レンズの拭き取り用として開発したもので、1969年から日本製紙クレシアの前身である「十條キンバリー」が国内で製造・販売を始めたとのこと。名前はKimberlyのkimとwipeをつなげたもの。
毛羽立ちが少なく拭き取った後の繊維が目立たないので、主に大学や民間企業の研究室や電子工場などで使われているそうだ。用途はビーカーや試験管、薬品などの拭き取りだ。
理系の人にとっては「研究室には必ずある、何でも使える万能選手」で、この商品を使い始めると他の商品に切り替えることはほとんどないそうだ。メガネ拭きとして使ったり、卓球をしたり、中にはコーヒーフィルターの代わりや料理して食べる猛者まで…。
日本製紙クレシアでは「用途以外の使用方法は推奨できません」としているが、マーケティング部の桂さんも時々メガネをキムワイプで拭いてしまうそうだ。恐るべしキムワイプ…。

マグロの水槽にタカサゴ投入

クロマグロなどが大量に死んだ問題で、東京の葛西臨海水族園は試験的にタカサゴおよそ500匹を水槽に入れたそうだ。
この水槽では去年からマグロなどが相次いで死んでいて、原因は分かっていない。水族園は他の魚でどんな影響があるかを調べるためにタカサゴを投入した。タカサゴは体長およそ20cmのスズキの仲間で、水族園は1日夜、およそ500匹を水槽に入れたとのこと。空気の泡の幕で仕切ることで、マグロとは一緒に泳げないようにする措置が取られているそうだ。
3日前にも環境の変化に強いアカシュモクザメが2匹入れられたが、その2匹はマグロと一緒に泳いでおり、水族園によると一緒にしてもマグロを襲うことはないという。水族園はアカシュモクザメとタカサゴの観察を続け、異常がなければ4月中旬から別の種類の魚を加え、6月中にマグロを追加する方針だそうだ。今回新しく魚を投入することでいい方向に向かうと良いのだが。

中古タンスから190万円

リサイクル店で購入した中古の家具の中から現金約190万円を発見したと、兵庫県宝塚市の36歳のアルバイト女性が宝塚署に届け出たそうだ。同署によると女性が今月1月、西宮市内のリサイクル店で家具を購入し、自宅に持ち帰って中を点検したところ現金約190万円が入っていたという。女性はすぐに同署に届けたそうだ。同署の調べで現金はリサイクル店のものではなく、家具を売った人物の履歴も残っていないそうだ。現金は拾得物として受理され、3か月の保管期間を過ぎると全額女性が受け取ることになるそうだ。黙って現金を自分のものにしてしまわずにきちんと警察に届け出たというのは素晴らしい行為だ。それにしてもこの現金は誰のもので、どういう経緯でタンスの中に入れられたのだろうか…?

キリスト教

日本人は無宗教と言っていいほど、宗教にあまり関心がない世界でも珍しい民族です。
日本人はお正月は、初詣に行き、結婚式は神前または教会で、そしてクリスマスを祝い、亡くなった時は仏教。
一つの宗教を信仰する人にとっては信じることのできない概念なのではないでしょうか?
その中でも世界で最も信仰が多いのは、キリスト教。大きく分けるとカトリックとプロテスタントに分かれます。
また、日本人になじみの深い仏教はインド、タイなどのアジアを中心に信仰されています。
また、日本人の一部の人は日本独自の宗教を信仰する人が多い傾向にあります。
いわゆるカルト宗教ですが、会員数の多い宗教が数多く存在します。

コンドル

腐敗した動物の死骸を食べるコンドルはなぜ食中毒にならないのか、という動物界の長年の謎が解明されたようだ。その理由は特殊な消化器系にあるという。

コンドルは動物の死骸をついばみ、骨のみになるまで食べつくす。死骸の皮が硬くクチバシで穴をあけることが出来ない場合は躊躇なく肛門に口を突っ込み、はらわたをむさぼる。そのためコンドルは死肉をあさる際、炭疽菌やクロストリジウム菌などの病原菌や毒素に身をさらすことになる。他の動物がこれらにさらされれば病気になったり死に至ったりするが、コンドルはなぜ平気なのだろうか?その秘密は特異な消化器系にある。数百万年に及ぶ進化で磨き抜かれたコンドルの消化管は、飲み込んだ有害な細菌の大半を殺し、残った細菌と問題なく共存することができるという。また致死性最近の一部への耐性も同時に発達させたようだ。他の動物だと死に至らしめると思われる細菌が、コンドルの腸内では活発に活動しているという。生き残るための進化の末、頑強な消化器官が備わったというわけか。

人に仕事を頼むコツ

あなたはやらなくていい仕事まで自分でやっていたりしていませんか。人に頼まず、すべて自分でやってしまうと組織の利益にならないことがあります。それと人に仕事を頼むことができないと、自分の出世の障害になってしまうことがあります。ですので、人に仕事を頼むということは思っている以上にとても重要なことなのです。では、実際、相手にどのように仕事を任せればいいのでしょうか。まず、相手はどのくらいの力量を持っているのか見極めます。極端な話、新人社員に大きな仕事を任せることはとてもリスクがあることです。ですから、相手の力量を見極め、少し背伸びしたらできるくらいのレベルの仕事を任せることが好ましいと言えます。そうすることによって、任された責任感と嬉しさから、相手のモチベーションも上がります。自分ですべての仕事をこなそうとせず、任せることのできることはお任せして、仕事が円滑に進むようにしましょう。